about.

萩野 亮 / HAGINO Ryo

1982年生れ. 映画批評. ドキュメンタリーマガジン「neoneo」編集委員[2012-2015], 立教大学兼任講師[2013-2017], 毎日映画コンクールドキュメンタリー部門一次選考委員[2013-], 「キネマ旬報」星取りレビュアー[2014-2016], キネプレアカデミー講師[2015-].

専門はドキュメンタリー映画史, およびその理論. ドキュメンタリー以外においてもジャンルを問わず幅ひろく執筆している. イベントやシンポジウムの司会・出演も多数. 映画, 舞台, 写真, 文学, およびその他をふくめた「ドキュメンタリー表現」の包括的かつ個別的な歴史と理論の構築を大きな課題としている.

 

和光大学表現学部卒, 立教大学大学院現代心理学研究科修士課程修了. 修士[映像身体学]. こたつ愛好家.

 * twitter @ryohagino

photo by masahiro otsuka.

編著

『ソーシャル・ドキュメンタリー 現代日本を記録する映像たちフィルムアート社、2012

 

分担執筆

『日常と不在を見つめて ドキュメンタリー映画作家 佐藤真の哲学』里山社、2015

『アジア映画で世界を見る 越境する映画、グローバルな文化作品社、2013

『土瀝青 場所が揺らす映画トポフィル、2014

 

執筆参加

『観ずに死ねるか!傑作ドキュメンタリー88』鉄人社、2013

『アジア映画の森 新世紀の映画地図作品社、2012

ほか

 

カタログ作品解説

「フレデリック・ワイズマンのすべて」コミュニティシネマ、2012、共著

「王兵レトロスペクティヴ」ムヴィオラ、2012

論考

「労力について」『『カメラを止めるな!』ファンガイド』キネプレ編集部、2018

「椅子について」「ユリイカ 特集 濱口竜介」2018年9月号

「ジャーナリズムとドキュメンタリー 謝罪の身体をめぐって「現代思想」2016年6月号

「イメージによる被災に抗して 震災以降のドキュメンタリー映画「現代詩手帖」2013年5月号

ほか

 
 

filmについてのmemo.

 

roquentin.

本屋ロカンタン.

2019年9月13日[金]より、​東京・西荻窪の木造アパート[築四〇年]の一室にて、自宅を兼ねた予約制の本屋を始めました。

ご予約は「Air リザーブ」、または本屋ロカンタンのTwitterアカウントメールにて。くわしい住所と地図をお送りいたします。

本屋ロカンタン

営業日 金土日祝 13:00 - 21:00

場 所 JR中央線西荻窪駅より徒歩8分[住所非公開]

お電話 090-6165-6248

メール r.hgn@hotmail.co.jp

取扱品 新刊書籍・Blu-ray/Dvd輸入盤・輸入雑貨・古本[私蔵書・閲覧のみ]

店 主 萩野亮

ネットショップ https://www.roquentin.net/

 

contact.

e-mail  

r.hgn@hotmail.co.jp

tel

090-6165-6248

  • twitter
  • facebook

©️2019 haginoryo.tokyo